カナダ・アルバータ大学派遣留学報告(2月)

掲載日:2019.03.29

永谷 万里菜

誕生日を迎えました。

最近考えていることが2つあります。1つ目は家族への感謝です。カナダで出会った友達は素直に家族への愛について話しています。日本にいて私はお母さんが大好きだ、お父さんが大好きだというと少し変わった目で見られますが、カナダではみんな普通に言っています。18年間地元に住んでいましたが、どれほどの時間を家族と一緒に過ごしたのかわかりません。学生時代の私の友達は忙しい日々を送っていたのではないかと思います。私も習い事と部活と素晴らしい経験をさせてもらいましたが、もっと家族と過ごすこともできたのかなと今になって思います。時間はあっという間に過ぎてしまいます。地元を離れた今でも私をサポートしてくれる両親には感謝の気持ちでいっぱいです。

もう一つ最近思ったとこは学ぶことは楽しいということです。カナダに来てなぜ勉強するのかちゃんと分かった気がします。日本にいた時はなぜ勉強するのかいまいち分かっていなくて、きっと興味もなくて、でも先生は周りの大人は「将来のために勉強しなさい」と言います。だからとりあえず勉強する。そんな学生でした。でも今は勉強が楽しいです。自分から勉強しようと思えます。知らなかったとこを知るのはすごく楽しいです。「嫌いなことも頑張らなければいけない」と、「途中でやめてはいけない」と言います。でも私は嫌いなことはそこまでその人に必要ないんじゃないかと思います。好きなことに我慢は必要です。でも嫌いなことに我慢は必要ないのかなと最近思います。嫌いはその人の心を削ってしまうからです。好きなことを好きなだけやっている人は美しいなと思います。世界中に美しい人はたくさんいるけど内側の美しさはいつまでも人を惹きつけるんだろうなと最近思います。どうしたらそんな人になれるのか、それは知識だと思いました。その人にしかないその人だけの色がその人の美しさを作るんだろうなと思いました。カナダはとても面白いです。英語は美しいです。英語はたくさんの知識と人との出会いを私に与えてくれるからです。知りたい、学びたいと思わせてくれるそんな環境に私を行かせてくれた両親には本当に感謝しています。まだまだ何歳になっても成長し続けられる女性でいたいなと思いました。

カナダ・アルバータ大学派遣留学報告(2月)
カナダ・アルバータ大学派遣留学報告(2月)