2021年度 楽しい理科実験講座を開催いたしました

掲載日:2021.08.11

2021年7月31日(土)10時から江別市民会館にて楽しい理科実験講座を開催し、本学食と健康学類の教員が講演いたしました。

講演は「でんぷんおもしろ実験室」と題し本学食と健康学類の小野寺秀一教授が講演をし、でんぷんを見つける実験を受講者が実際に行いました。

小野寺教授はまずでんぷんとは何か、どのように作られるかについて説明され、実験に入る前にでんぷんの原料であるジャガイモについてのクイズを行い、受講者が挙手で参加しました。

2021年度 楽しい理科実験講座を開催いたしました
2021年度 楽しい理科実験講座を開催いたしました

その後でんぷんを見つける実験を行いました。

まず、片栗粉、塩、砂糖でヨウ素デンプン反応を試した後、コメ、うどん、パンが反応するかを調べ、6種類の野菜、2種類の果物、ちくわやプリンなどの食品から新聞紙、ノート、ティッシュなどの紙類にでんぷんが含まれているか実験しました。

2021年度 楽しい理科実験講座を開催いたしました
2021年度 楽しい理科実験講座を開催いたしました
2021年度 楽しい理科実験講座を開催いたしました

最後にまとめを行い、講演は終了しました。

受講した小学生からは「わかりやすかった」「たのしかった」との声をいただきました。

 

本講座では新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を徹底して行いました。本学の対策にご理解とご協力を賜り誠にありがとうございました。今後実施予定の市民公開講座についても新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を行いますので、ご受講をお考えの皆様におかれましてはご理解、ご協力くださいますようお願いいたします。