【申込受付中】2020年のクマ動向 / どうなってるの?野幌のエゾシカ

掲載日:2020.03.25

講義

開催内容

講義① 9:00〜10:00
2020年のクマ動向 -札幌圏のヒグマを中心に-
講師
環境共生学類教授佐藤 喜和

2019年は札幌市、北広島市だけでなく江別市にまでヒグマが出没したことで、都市住民にとってもヒグマ問題が身近なものとなりました。2020年は静かな1年となるでしょうか。ヒグマも冬眠に入り始める12月に改めて1年間のクマの動きについて振り返り、環境共生とクマ問題についてみなさんと考えたいと思います。

講義② 10:10〜11:10
どうなってるの?野幌のエゾシカ
講師
環境共生学類准教授伊吾田 宏正

全道的に増えすぎて問題になっているエゾシカ。10年以上前から野幌森林公園にも分布を広げ、植生への影響や農林業被害などが懸念されます。
この地域のエゾシカとどのように付き合っていくべきか、考えてみたいと思います。

開催概要

開催日2020年12月13日(日)
対象小学5年生〜一般
開催場所酪農学園大学 C1号館 101教室
受講料1,000円
定員50名
申込締切 2020年11月20日(金)
SDGs SDGsSDGsSDGs