タイ・カセサート大学単位互換プログラム報告書(11月分)

掲載日:2019.12.11

獣医学群獣医学類5年 梶谷真央

タイにきて2カ月が経過しました。毎日楽しく過ごしています。
今回は(1)週末の過ごし方、(2)小動物臨床、(3)魚病学 についてお話しようと思います。

(1)週末の過ごし方
週末はせっかくタイにいるということで、行きたいところに貪欲に挑んでおります。今まで8回週末がありまして、バンコク・ホアヒン・タル島・タオ島へ行きました。バンコクではお寺を見に行ったり、国立公園を観光したり、マーケットに行ったりしました。

タイ・カセサート大学単位互換プログラム報告書(11月分)

ホアヒンビーチです。観光客が多くいました。ビーチで乗馬体験もできます。

タイ・カセサート大学単位互換プログラム報告書(11月分)

バンコクにあるラチャダー鉄道市場です。楽しくショッピングできました。

タイ・カセサート大学単位互換プログラム報告書(11月分)

タル島のビーチです。小さい島なのでアットホームな雰囲気がありのんびり過ごすことができました。

(2)小動物臨床
小動物臨床はホアヒンにあるカセサート大学の病院で研修を行いました。毎日8時30分から5時まで先生について診察し、また手術に入り縫合などさせてもらいました。先生方はとても親切で分かりやすく教えてくれました。日本と一番違う点は職場の雰囲気でした。日本の病院はとても穏やかとは言えない雰囲気ですが、こちらでは穏やかで先生方がのびのび働かれていました。これは国民性も関係していると思いますが、笑顔で働くという大切さをここで学ばせていただきました。

タイ・カセサート大学単位互換プログラム報告書(11月分)

外科のオフ先生です。とても親切でたくさん面倒を見てくれていました。

タイ・カセサート大学単位互換プログラム報告書(11月分)

内科の先生方です。優しく楽しい先生が多かったです。

タイ・カセサート大学単位互換プログラム報告書(11月分)

オペにも参加させてもらいました。
タイの症例は寄生虫や外傷が多かったです。

タイ・カセサート大学単位互換プログラム報告書(11月分)

ポル先生です。ホアヒンを離れる時、給水機で涙を作ってくれました。お茶目な先生でした。

(3)魚病学
ホアヒンからカンペンセンに戻り魚病学の授業が始まりました。魚1週間、エビ1週間という日程でそれぞれ1週間に2つ以上はプレゼンを作らないといけません。魚病学をここまで深く学ぶことが初めてでしたし、作ったプレゼンに対する先生からの質問もすごかったです。タイの生徒と一緒にプレゼンをつくるので夜の12時に寮に帰り、そこから自分の勉強といった生活で毎日3~4時間睡眠でした。正直きつかったです。タイの生徒にたくさん助けてもらいました。本当に感謝しかありません。

タイ・カセサート大学単位互換プログラム報告書(11月分)

プレゼンの様子です。タイの生徒がつくるプレゼンはクオリティが高くデザイン性があふれていました。笑顔の彼はキム君といいとてもフレンドリーな方でした。たくさん助けてくれました。本当にありがとう。

タイ・カセサート大学単位互換プログラム報告書(11月分)

顕微鏡検査のため体表物とえらとひれを採取している様子です。