【開催終了】2019年度 大動物継続教育合同セミナー

掲載日:2019.04.18

酪農学園大学オープンアカデミー

本セミナーは2007年度まで大学獣医学部が中心となり、卒後臨床教育事業の一環として開催しておりました。
2008年度以降は、大動物臨床研究会と大学社会連携センターの合同企画「大動物継続教育合同セミナー」として開催し、さらに、2012度よりバイエル薬品株式会社が共催団体となり3団体での合同企画で運営することになりました。その後、様々な団体の共催を得て、今年度は6団体で運営いたします。

初日の大動物臨床研究会特別セミナーでは『生体防御から考える乳房炎』、2日目の大動物臨床教育セミナーでは『ウシの一生における管理 PartⅩ ~骨折を考える~』をそれぞれテーマとして開催いたします。

つきましては、産業動物獣医師の皆様の研鑽の場として開催いたしたく、多くの皆様のご出席を賜りたくご案内申しあげます。

酪農学園大学社会連携センター長  金子 正美
大動物臨床研究会 会長 髙橋 俊彦
共立製薬株式会社
日本全薬工業株式会社
日本動物特殊診断株式会社
バイエル薬品株式会社

開催内容

5月17日(金)
第14回大動物臨床研究会特別セミナー
【生体防御から考える乳房炎】
12:30 受付開始
13:00 開会挨拶 大動物臨床研究会 会長 髙橋 俊彦
総合司会 大動物臨床研究会 副会長 樋口 豪紀
13:10 講演Ⅰ
「乳汁移行抗体は何を認識しているのか?~乳腺免疫の由来と抗原特異性に迫る~」
東北大学 大学院農学研究科 農学部 准教授 野地 智法
14:30 休憩
14:40 情報提供 共催団体
15:10 講演Ⅱ
「乳生産における乳房炎発生のからくり」
酪農学園大学 獣医学群 獣医学類 准教授 大塚 浩通
16:30 総合討論
17:15 閉会挨拶 大動物臨床研究会 副会長 橘 泰光

※終了後、会場を移して意見交換会を予定しています。

5月18日(土)
第23回大動物臨床教育セミナー
【ウシの一生における管理 PartX ~骨折を考える~】
9:00 受付開始
9:20 開会挨拶 酪農学園大学 学長 竹花 一成
総合司会 酪農学園大学 獣医学群 獣医学類 教授 加藤 敏英
9:30 講演Ⅰ
「運動器の外科治療」
北海道大学病院 整形外科 講師 小野寺 智洋
11:00 講演Ⅱ
「創外固定による子牛の開放性肢骨折整復」
酪農学園大学 獣医学群 獣医学類 助手 富岡 美千子
11:30 講演Ⅲ
「牛の骨折~外固定~」
酪農学園大学 獣医学群 獣医学類 助教 佐藤 綾乃
12:00 総合討論
12:30 閉会挨拶 酪農学園大学 社会連携センター長 金子 正美

開催概要

開催日2019年5月17日(金)
2019年5月18日(土)
開催場所酪農学園大学 中央館1階 学生ホール
受講料一般:5,000 円、大動物臨床研究会会員:3,000 円
申込・振込締切2019年5月8日(水)
※ お申込み後に送付させていただく払込取扱票にて受講料をお振込みください。
※ GW中のお申込みにつきましては5/6以降の対応となります。
備考

意見交換会
日時 5月17日(金)18:30~20:30
場所 ホテルエミシア札幌
   札幌市厚別区厚別中央2条5丁目5-25
   TEL:011-895-8811
会費 5,000円 ※当日会場にて徴収

お申込み

フォームに必要事項を記入し、送信してください。
※このフォームからお申し込みの際はお一人ずつお願いいたします。
※送信後、送信完了をお知らせする自動送信メールが届きます。その後、担当者より返信させていただきます。
 自動送信メールが届かない場合、迷惑メールフォルダに分類されていることがございますのでご確認ください。
 迷惑メールフォルダにも自動送信メールが届かない場合、お手数ですがお電話にてご連絡ください。

お電話での問い合わせ先:011-388-4131
(酪農学園大学社会連携センター 地域連携課)



参加費:会員 3,000円 / 非会員 5,000円


SDGs SDGsSDGs