【申込受付中】ドローンを飛ばして空から大地をみてみよう

掲載日:2020.03.25

講義・体験

開催内容

講義 9:00〜12:00
ドローンを飛ばして空から大地をみてみよう
講師
環境共生学類教授金子 正美

ドローンは、近年、農業、防災、環境保全など、様々な分野で利用されてきています。酪農学園大学では、2008年に全国で最も早くドローンを導入し、米や小麦のモニタリング、エゾシカの足跡調査、湖沼における水鳥のカウントなど、特に農業と環境の分野で活用しています。本講座では、ドローンの仕組み、規制、活用事例を学ぶとともに、実際にドローンを飛ばし、写真の撮影、簡単なプログラミングを実習します。

開催概要

開催日2020年10月17日(土)
対象小学5年生〜高校3年生のお子さんを含む家族(親子、兄弟、祖父母など)
開催場所酪農学園大学 健民館
受講料1人 1,000円
定員15組
申込締切 2020年9月25日(金)
備考

1家族3名までとさせていただきます。
お子さん(小学5年生〜高校3年生)のみの受講は可能ですが、大人の方のみの受講はできませんのでご了承ください。
上靴をお持ちください。
HPからお申し込みされる場合は、代表者様の情報を各項目にご記入いただき、ご家族で参加される方がいらっしゃいましたら備考欄に必要事項をご記入くださいますよう、お願いいたします。

SDGs SDGsSDGsSDGsSDGs