ホーム > 一覧 > 国際交流 > 体験談 > 2016年度フィンドレー大学ベーシック・アニマルハンドリングプログラム

Topics

掲載日:2017.05.10

2016年度フィンドレー大学ベーシック・アニマルハンドリングプログラム

本学の協定機関であるアメリカ・フィンドレー大学で毎年春季に行われる短期研修に、今年度は6名の学生が参加しました。
現地の学生とペアになり厩舎で馬の世話を行ったほか、獣医師としての馬の扱い方(採血、バンデージ等)、畜産動物の去勢手術、除角、耳標付け等様々な実習を行いました。
また、ホースセラピーボランティアや動物園のバックヤードツアーにも参加するなど、フィンドレー大学以外の方々とも交流し、それぞれが充実した3週間を過ごしました。
詳細は下記よりご覧ください。

2016UF 2016UF2
一覧ページ(http://exc.rakuno.ac.jp/exchange09

酪農学園大学エクステンションセンター(2017.05.10)|お知らせ, 一覧, 体験談, 国際交流

このページのTOPへ戻る