ホーム > 講座案内 > 【市民公開講座2017】野生動物医学入門・ 寄生虫講座[申し込み終了]

Topics

掲載日:2017.03.22

【市民公開講座2017】野生動物医学入門・ 寄生虫講座[申し込み終了]

日 時 2017年6月25日(日)
9:00~12:10
受 講 料 1,000円
定 員 70名
対 象 小学5年生以上~一般
申込締切 2017年6月2日(金)
講 師 講義① 本学教授 浅川 満彦
講義② 本学教授 福本 真一郎
【9:00~10:30】
講義① エキゾチックペット医療の分野で活躍する獣医師とは
野生動物医学とは、野生・動物園水族館・特用家畜・エキゾチックペットなどを対象にした実践的獣医療の基盤となる学際分野である。それでは、この科学の素養を身に付けた専門家がどのような職域で活躍をしているのであろうか。野生動物に寄生する線虫の生物地理で博士号を得た後、ロンドン動物学会(近代動物園の祖、ロンドン動物園の上部組織)/ロンドン大学王立獣医大とで共同開講の野生動物医学専門職修士課程を修了し、さらに、日本野生動物医学会専門医として野生動物医学センターを運営する立場から、エキゾチックペット医療の分野における獣医療従事者の実態と使命について紹介します。
【10:40~12:10】
講義② 干支の動物の寄生虫シリーズ酉(とり)の寄生虫~生産動物の寄生虫~
2017年は酉年である。酉=鶏は鶏卵や鶏肉という形で、人間にとって安価な動物性蛋白質を安定して供給してくれるという重要な経済動物である。今回は鶏に代表される経済動物に対して寄生虫が及ぼす経済的な悪影響ということについて、獣医学的な立場から紹介します。

講座案内PDFファイル

下記画像をクリックするとPDFが開き、講座案内を確認できます


申込フォーム

 男性 女性

※お預かりした個人情報は公開講座のご案内以外、使用いたしません。

酪農学園大学エクステンションセンター(2017.03.22)|講座案内

このページのTOPへ戻る