ホーム > 一覧 > 地域交流 > 土佐市訪問団が来学

Topics

掲載日:2017.01.23

土佐市訪問団が来学

エクステンションセンター生涯学習課は、2017年1月19日(木)、江別市教育委員会

からの依頼を受け、高知県土佐市の小中学生11名の受入れを行いました。

DSC_0006 DSC_0007

江別市教育委員会では、友好都市である高知県土佐市と、異なる歴史や自然、文化、産業な

どを直接体験することで、新たな発見をし、郷土を愛する心を育み、友情を深めることを目

的に、小中学生の相互交流事業を行っています。今回、教育委員会から訪問団受入れについ

ての依頼があり、協力させていただきました。

訪問団の子供たちは、1月17日から20日まで滞在し、ホームステイをしながら陶芸体験、

雪中体験、搾乳・哺乳体験などを行いました。本学では、土佐市が「かつおぶし」の生産で

有名なことから、阿部茂エクステンションセンター次長が、自らが開発に関わった「鮭ぶし」

の誕生秘話、商品化や6次産業化について話をされ、「かつおぶし」と「鮭ぶし」の食べ比

べも行われました。1時間ほどの滞在でしたが、子供たちは「鮭ぶし」の香り、味を堪能し

ながら、商品開発について学んでいきました。

DSC_0018 DSC_0025

酪農学園大学エクステンションセンター(2017.01.23)|お知らせ, 地域交流, 大学HP更新用

このページのTOPへ戻る